建設アスベスト訴訟全国弁護団のご紹介

私たちは、全国(北海道、東北、神奈川、埼玉、東京、京都、大阪、九州など)で、1000人を超えるアスベスト被害者や遺族とともに、アスベストの危険性を知りながら建材を製造・販売し続けた企業と、その規制を怠ってきた国に対し、損害賠償を求める裁判に取り組んでいます。
これまで数々の勝訴判決や決定を得て、国や企業の法的責任を明確にしてきました。
今後も、裁判等を通じて、すべてのアスベスト被害者への謝罪と賠償と、すべてのアスベスト被害の根絶を目指します。

新着情報

PAGE TOP
MENU